誰もが自由に学べる社会を創り、子供達の未来を紡ぐ 杉島洋則・公式ウェブサイト
杉島洋則 公式ウェブサイト
杉島洋則 公式ウェブサイト

子供・若者育成支援推進法

最近、オペレーション・バグラチオンの一環として、高齢者社会参画のプラン構築を行っており、そこでぶつかったのが、高齢者包括ケアシステム。
こちらも様々な要因がありましたが、何とかクリアのメドが次、今度こそと思いきや、次に出てきたのが、子供・若者育成支援推進法。
高齢者の社会的能力を発揮するのに、一番なのは、やはり教育の分野。
ところが、この法律の元は内閣府。
んで、高齢者包括ケアシステムは厚生労働省。
教育はもちろん、文部科学省。
こんな感じで縦割りがあり、市町村、県が横割りであって、まさに複雑怪奇。
内閣府が総括しているとはいえ、この壁を乗り越えるのは困難で、市町村と県の境界線もとても曖昧。
だから、包括的な政治指導が難しいのかな?なんて思わないでもありませんが、これらを指揮するのが政治家の仕事?なのかもしれません。
オペレーション遂行の為には、政治家の方々の支援も必要なのかもしれません。
でも、何かが違うような…
そんな気がします(^^;;